★「魔術師のトートタロット」で読む12サイン「6月の運勢」

女 タロット王国の12サイン「魔術師のトート・タロット」で読む「6月の運勢」です。
テーマは『未来へ向かうあなたがいま心に留めること』です。
みなさんのお役に立てますように!


 

【牡羊座】

★安心して心を開いていける

今月のあなたは、人に対してとても正直に接することができます。じつはおひつじ座には独特の繊細さがあるのですが、今のあなたの心のなかには不思議な安心感があって、誰とでも臆せず素直に自分を表現することができます。それはとても幸せな感覚です。

また相手の気持ちに対しても誠実に受け止めることができるときです。心を開いて人の話を聞いてみましょう。もし誰かとすれ違っていたり、話しづらいことを抱えているのなら、今がチャンスです。自分の気持ちや思っていることを、恥ずかしがらずに伝えてみましょう。あなたの思いが相手に明確になることで、お互いの理解が深まります。

今までの人間関係に辛いことがあったとしても、それが無駄ではなかったことが心からわかる時です。前向きな心で人と関わる体験が、そのまま自分の喜びとなって心が大きく広がっていくでしょう。

 

 

 

 

 

【牡牛座】

★人と関わることでエネルギーが湧いてくる

おうし座の美的感覚には一目置くものがあります。今月はその美的センスによってひときわ魅力が引き立つので、人に何かを伝えるのにはとてもいい月です。

今のあなたには確固たる自信があります。いろんなことがあったけれど、それらの経験があって今の自分があると思えます。こつこつと築いてきたことが人の支持を得られるようになったり、ここまで生きてきた人生体験を通じて、人の痛みを理解できるようになったことが、あなた自身の喜びとなって心を満たしています。

この喜びを見つけたことはとても重要です。
人と協力することで生まれる大きな動力を使って何かを実現していくことを、あなたの生き方にリアルに反映していけるからです。

あなたは人の良さを見つけ、それぞれの個性を生かしていくことができます。
自分だけでない誰かの存在を感じながらものごとを進めていくうちに、自分自身の役割や目標も、今まで以上にはっきりしていくでしょう。

 

 

 

 

 

【双子座】

★あえて楽観的な感覚を大切に

今月は何に対しても「あ、そうきましたか」と余裕のひと呼吸をかけながら、いろいろと取り組んでみましょう。

これだけしていれば安心という生き方はいつか行き詰まります。
自分のライフスタイルの中で、したいこと・したくないことがはっきりしてきたなら、よい流れです。これがしたいというものが、今のあなたのエネルギー源です。

この世界は基本的に弱肉強食なので、たまに容赦ないこともありますが、あなたは自分が思っているよりずっと、たくましさを秘めています。自信を持って臨みましょう。

ふたご座には切り替えの早さと機転のよさがあります。「ここが行き止まりなら、あそこがあったな」と持ち前の軽やかさで、のびのびと渡り歩いていきましょう。
チャンスは人が眼をつけてないところです。自分の感覚で鼻を利かせましょう。

 

 

 

 

 

【蟹座】

★安心できる人に話してみて

なんとなく気力がわかない日々が続いてはいませんか。
世界規模の変動によって、私たちが今まで慣れ親しんできた日常も、とても変化しましたね。かに座の人にとって、自分の場所が安心と感じられることはとても大事です。以前の日々に戻りたいと、少し前の暮らしを懐かしくふり返ることもあるかもしれません。この変化に心が追いつけず、いつものように元気になれなくても大丈夫です。自然な心の状態です。自分の気持ちにふたをしないで、安心できる人に気負いなく話してみましょう。
誰かと一緒に話しているうちに、今の漠然とした心境を伝えられて少しホッとしたり、これからの生活はどうなるんだろうといった不安も「みんなもってるんだな、よし。」と腹が据わったりします。
そしてあなた自身、けっこうがんばってきたことも、分かると思います。

 

 

 

 

 

【獅子座】

★夢や理想が生きる力になる

あなたが抱いてきた夢、実現したいと思い続けてきたことに、今一度、思いを馳せてみましょう。憧れや思いつきの段階でも大丈夫です。実はあったのだけど、もうダメかなと思ってあきらめかけているという人はいますか。もしそうなら、すこしお待ちください。

それこそが、今のあなたの生きる力となるものだからです。

あなたには心の喜びがどうしても必要な人です。そしてその喜びは楽しい空気となって周りの人にも伝わっていきます。

本当にやりたいことなら、それはだんだんと膨らんで、あなたと共に大きくなっていきます。今できなくてもいいのです。知恵をかき集めて、この計画なら、この条件をクリアしたらもしかしたらというような展望を探しましょう。これらを見つけようとするとき、きっとうれしい気持ちになっていくでしょう。

 

 

 

 

 

【乙女座】

★大切な存在だからこそ

このところ、しばらく思うようにいかない状況があります。ずいぶん続いているせいか、あきらめモードになってもいるようです。
ここでひとつ提案があります。誰かにそのことを話してみてください。負担をかけるのではと心配しないで。あなたにとって守りたい人たち。大切な人、家族や動物たち。育ててきたこと、学んできたことなど、大事にしてきたことに関わっている人たちに聞いてもらいましょう。必要なのは、ここを乗り切るエネルギーと先の見通しです。その原動力になるのが人の力、愛情です。誰かに一緒に考えてもらうことによって、何かが通い合います。きっと気休め以上の発見があるはずです。
一方いらないものは、自分が何とかしなければという責任感です!
私たちは、自分ひとりでは成り立たない世界に生きています。誰かの力を必要としていいのです。

 

 

 

 

 

【天秤座】

★変化にはげまされて生きていく

新しい何かを始める時がきています。
私たちの生活は大きく変化しました。この時代的な変化とあなたを取りまく環境、あなた自身の心の中の世界はすべて連動しています。
あなたが生き、体験する日々は、心の中の世界が外に表れたものです。

様々な心の変化を感じ取り、そこから現実への具体的なヒントを得てください。変化していく気持ちを恐れず、変わっていくことがあなたの人生をきりひらいていくことを、信じてください。日常において、今までよりバタバタしたり自分の思うように日々が送れなくて「これでいいんだろうか?」と不安になることがあったら「この不安こそ何かが始まっていくしるしなんだ」と喜んでください。
この変化を盾として、今できることやこれからのプランを、人と一緒に組み立てていきましょう。

 

 

 

 

 

【蠍座】

★あなたにはもともと底知れないエネルギーがあります。

一旦スイッチが入ると、目標物に向かって黙々と掘り進んでいくのです。
最近、あるスイッチが入りました。それは人によって気づかされたり、思いがけない人から力をもらえたりしたことのなかにあります。個人的な感覚なので「それほどでは…」と思うかもしれませんが、間違いなく、あなた自身にとっての重要事項です。

よくがんばってきました。この流れを推し進め、自分のものとして形にしたいところなのですが、この1ヵ月は、その一歩手前の準備をする時間です。
具体的には、秘密の場所を作らないようにすることです。自分の思いを人と共有したり、人のことも聞きます。心を守るように抜かりなく見張っていくことで、あなたのエネルギーが自ずと成長し、あなたの想像を超えて大きく成形されていくでしょう。

 

 

 

【射手座】

★悲しみを通って、本当に大事なものが見えてくる

生きているといろんなことがありますが、どんなしんどいことがあっても、それは過去になっていきます。今のあなたは自分に起きたことについて「あれはどういうことだったのだろう?」と、過去と向き合おうとしています。やっとできるようになったのです。心の中にあるたくさんの思いのなかで、目を背けずに自分を見つめる時、あなたを照らす光がやってきます。

わたしたちは誰かを通して、自分のことを発見することがよくあります。
見たくなかった自分に気づかされることもあれば、これも自分なのかと自信をもらうこともあります。この光は、今のあなたを見つける手がかりです。
その手がかりによって、あなたが本当は何を大事にしたかったのか。そしてどんな風に生きたいのかが、見えてくるでしょう。

 

 

 

 

【山羊座】

★新しい興味や関心に手がかりあり

自分がほしいものは努力して勝ち取る。やぎ座の忍耐強さの原動力です。たくましいエネルギーは群を抜いています。
そんなあなたにも、時には手に入らないものがあります。どんなものでしょう?
それはもともと手に入れる必要のなかったものであります。

何かを獲得するのは、生きていく上でとても大事なことです。夢を見ているだけでは何も実現できません。でも獲得することが全てではありません。あの時あの願いが叶わなかったから、今の自分があるということがあります。
もし最近、がっかりしたことがあったら、あなたが勝ち取る必要はなかったのだと安心してください。今のあなたには、何かが手に入ることよりも、これに夢中になっていると幸せという感覚によって、自分の世界が広がっていくチャンスがあります。
満足することで終わらない、ずっと追い求めていたいもの。そういうことに心が向かっていくときです。

 

 

 

 

 

【水瓶座】

★あせらないで大丈夫

この1ヵ月は、一歩一歩進んでいくことを、大切にしてください。
今のあなたは、身の回りのいろんな環境や状況が、やっと整ってきたというところです。まずその状況について、よくやってきたなと認めていい段階です。

あなたは自己評価ができる人なのですが、今は人のことがなんだか気になってしまうようです。自分が思っていたより評価が得られないことに、モチベーションが上がらない日もあるかもしれません。でも自信をなくすことはありません。
ここまでやってきたことはちゃんと、しかるべきルートを辿ってきています。
つい早く進めなければと思ってしまいますが、植物の成長を見守るような気構えでいましょう。あなたから見ると「地味だな!」というのが正しいところにいる感覚です。とにかく人と比べないこと。人のことは気にしないでよしです。自分を信じて、これまでのことを続けること。やってきた成果はこの先かならず見えてきます。

 

 

 

 

【魚座】

★重要な変化の時

うお座のひとは、人が幸せであることを人一倍願うところがあります。時には自分を二の次にして相手のために行動することが喜びになることもあります。うお座のすばらしいところです。ただ他者への思いがあふれすぎて、自分自身の人生の輪郭がぼやけてしまうこともあります。最近も身近な人や自分が関わることがうまくいくように、色々と画策してきませんでしたか。愛情をもってやってきた割には事が運んでいかなくて、なぜだろう?と考えてはいないでしょうか。

それは今はそれを解決する時ではなくて、あなたの人生に集中する時だからです。あなたはいつも人に対して熱心に向き合ってきました。今度は自分自身について真剣に向き合う時です。私たちは独りでは生きていけませんが、人生はそれぞれにテーマがあって、あなたのテーマはあなたが見つけるのです。今月はおそらくひとつの挑戦となる月です。ここが転機になる人もいるかもしれません。

 

 

 

 


Tarot Reading

タロット王国ファンデーション
制作:美翔(びしょう)

 

★お問い合わせは

スタジオ・ディーヴァ・ガイア「タロット王国」

studio_dg@mac.com

 

ツィッター更新中!

https://twitter.com/Tarot_Kingdom

 

 

 

 

 

★Sさんの#1.The Magus 「メイガスの視覚化瞑想レッスン」より

★タロット王国の「Sさん」から提出された、「#1.The Magus 視覚化瞑想レッスン」について、レオン・サリラ先生と一緒に考えてみましょう。

 

【#1.The Magus メイガス視覚化瞑想レポート】

<Sさん>
呼吸を整え、洞窟の扉を開け暗い道を抜けフールに会いにいく。
ワニのいる川の上を飛び越える。
4重のぶどうのつるをくぐり抜ける。
楽園がそこにあり、子どもたちが数人楽しそうに遊んでいた。
空には鳩が悠々ととんでいた。

 

 

<レオン先生>

ここであなたの中に何か感じたものはないでしょうか。

例えば心が和んだとか、世界がパッと明るくなったとか、そして自分の心も解放されたとか。

 

視覚化は、初期の頃はゆっくりと行います。あたかも動画のスローモーションのように。

そして浮かんでくるイメージの映像と、それを感じるか考える自分の内面の動きとが、同時進行で気づかれているようにしていきます。

 

 

 

<Sさん>

フールを呼ぶとコインの袋を軽々もって出てきてくれた。

虎が足下におだやかにいる。

 

<レオン先生>

ここで、あなたの中で感じたフールの印象は、どのように映ったでしょうか。

 

 

 

<Sさん>

フールにメイガスの神殿を学ばせてくださいと依頼する。

 

<レオン先生>

メイガスの神殿ではなく、「メイガス」です。
 

 

 

<Sさん>

フールと虎はわたしを案内してくれた。
石畳になっていたところをあるいていくと、神殿のポータル(門)が見えた。
カバラの柱。左が黒。右が白の門、ポータルの間の灰色のベールを超える。

先にフールが入る。
フールが許可をくれたので後からついてわたしが入る。虎は入らない。

洞窟でどんどん行くと、ほのかな明かりが見える。
マヤ型の神殿。ピラミッド形がみえた。
※このあたりの視覚がよくわかりませんでした。洞窟、明かり、門、神殿の位置関係。

 

<レオン先生>

ここはご自分でもおっしゃっているように、少しおかしい。

ここは地下へ入っているので、マヤ型の神殿やピラミッドは見えません。それはポータルの外で見える姿です。

 

 

<Sさん>

神殿の大きな扉を開けて中に入ると、中心にメイガスがいる。

中心にメイガスがたつと、上の天井からフールが降臨。

 

<レオン先生>

ここでメイガスを目にして、あなたは何を感じたでしょうか。

これは、実は十字架にかかっているイエスの姿でもあります。

これが逆さに吊るされると、#12. The Hanged Man になります。

わたしたちは日の出を毎日眼にしても、愕然とするほどに圧倒されるように、毎日メイガスに会っても、無感覚ではいられないものです。

 

 

<Sさん>

鳩とカデューシャスの杖が合わさり、フールとメイガスが一体となって結合し金色に輝く。

 

<レオン先生>

ここは、メイガスも復活した意味です。

 

 

<Sさん>

メイガスに、自分の名まえ「〇〇です」を告げ「メイガスの世界をおしえてください。と伝える。
メイガスは「いろいろ見ていってください」とのことであったので見渡した。
4方には4人の守護人、隅の扉の前に立っている。
4人に会釈をする。

 

<レオン先生>

ここでも、4人の守護人に対する今日のあなたの印象を書いてください。

特に印象を何も感じなければ、感じるまで立ち止まり、よく相手を見ます。

相手を受け留めます。

 

 

<Sさん>

メイガスの周りに見えた物はランプが宙に浮いていた。
金色に輝くメイガスのご身体が上を向いていた。
コインがキラキラ回転して楽しそうにみえた。
猿がなぜか浮いていた。


 

<Sさん>
メイガスは

「沢山の可能性がこの武具に秘められています。これから多くを学んでください」と言っていたように思う。

 

<レオン先生>

将来、メイガスがあなたにこの中の何かをくれれば、あなたの視覚化は確実に前進していることになります。

 

 

 

<Sさん>

メイガスにお礼をいって、灰色のベールをくぐり神殿の外へ出る。
フールと虎は待っていてくれたのでお礼を言って、一緒にフールの楽園にもどり、お礼をいって、いつものように川を超え、洞窟の扉まで戻り、扉を閉めた。
 


【感じたこと気がついたこと】
フールの楽園では今日は子どもたちが笑顔で楽しそうでした。

先日バーベキューを家族でしたのでその光景が思い浮かんだのかもしれないです。

家族の団らんがわたしにとって今の楽園を意味してると感じました。

 

<レオン先生>

ここでは、この世界を超え、異世(マクロコスモス)に突入する学びと訓練をしているので、家族を含め、この世の問題は視覚化には持ち込まないようにします。

自分や自分の生活に心を向けるのではなく、タロットの世界に心の目を向けます。この世の問題や出来事を訓練に持ち込むと、探求が感傷的になり、遅かれ早かれ行き詰まります。

 

 

 

<Sさん>
メイガスのところでは、まずメイガスがずっしりと重みのある貫禄ある存在として輝いていた。ランプが見えたのは、ランプはそのままでは魔法は使えない、誰かがこすると言う作用をしなければならない。

つまり、何か行動を起こすと可能性があるのかと感じた。

 

*見上げる感じで大きい。

ビクともしない。存在の重み。

 

<レオン先生>

この探求はちょっと弱い。普通すぎます。

人生で、「ずっしりと重みがある」とは何でしょう。

どういうことで「存在感がずっしりと重みがある」のでしょうか。

そして、ずっしりと重みがあることが「輝く」というメイガスに結びつくとは、どういう探求につながるのでしょうか。

 

「ランプをこする」ことが重みであり、それがメイガスの足にはえた翼の下に隠れている、卵の「輝き」を作り出します。

世の中の人たちは、ランプをこすることを敬遠し、それを避けて通ります。

だから飛躍するのではなく、水星の否定的な意味、人生を転々とするようになるわけです。

 

メイガスは転々とするのではなく、上昇します。どこまでも上昇し、#14. Art に至ると、遂に天と地は結合します。今は、そのための始まりです。

 

 

 

*特別講師:レオン•サリラ

 

 

★お問い合わせは

スタジオ・ディーヴァ・ガイア「タロット王国」

studio_dg@mac.com

 

ツィッター更新中!

https://twitter.com/Tarot_Kingdom

 

 

★Mさんの#12The Hanged Man 「視覚化瞑想レッスン」より

★タロット王国の「Mさん」から視覚化についての考察をもらいましたので、それについて、ここで思いつくままに考えてみましょう。

 

【Mさんより;#12の視覚化瞑想レポートより

 

 

 

【瞑想内容】

#12. The Hanged Man の部屋に入ると、いきなり生温かい水の中でした。

 

<レオン先生>

ここでいきなりハングド・マンの世界に入っていますが、できればこれからは最初に#0.The Fool に出会い、それから「魔術師の神殿」に共に向かうところから書いてくださった方がいいです。特に、最初に#0.The Fool に会った時、あなたには彼がどんな風に見え、何を感じたかが重要です。

次回から、お願いいたします。

 

 

*「生温かい水の中」は、おそらくこの世界にあなたが歓迎された、暖かく迎え入れられた、ということなのでしょうが、

ここで、あなた自身が何を感じたかが述べられると、さらに良くなります。

 

<Mさん>

まずは、上のアンクに巻きついている蛇と話しました。上の蛇には「どちらか選べ」と言われました。

 

次に下の蛇と話しました。

下の蛇からは「まずはこっちを深く探求していると、そのうち別の所から太陽が出てくる」と言われました。

「#12→#8→#1」へ戻ってきた時に、メイガスからランプを渡されました。

 

<レオン先生>

ハングド・マンに対する印象と、彼自身との対話がまったくないのが少し残念です。

 

ただ、下の蛇からは「まずはこっちを深く探求していると、そのうち別の所から太陽が出てくる」と言われたMさんの対話は、このカードの世界ではまったく適切です。短く、簡略ながら、よく真意を理解されていると思います。

 

まさしく、水の上に輝くシルバー太陽は、深海のさらに下にいる巨大な蛇(テーリオン)と対話することによって、海の上に現れて来るのです。「海の上」はわたしたちの「魂の中」の意味です。「シルバー太陽」は魂の中に現れてきます。それはこの世の太陽とは別物です。ここから、あなたに「この世とは別の世界」が見え始めます。それが、シルバー太陽がグリーンの背景に透き通って輝いている意味です。

 

ここで課題です:ハングド・マンの手足は、なぜグリーンの円盤に打ち付けられ、彼の頭髪もグリーンになり、そこから同じ色の26本の光線が放射されているのでしょうか。「下の蛇を深く探求する」ことと、これらの象徴の意味を解くこととは、切り離すことができません。

 

 

<Mさん>

地面からカデューシャスの杖が出てきました。カデューシャスの杖に付いている蛇に「ランプを使う時は、フールと共に使うべし」と言われました。

「個人的な願い」をするのではなく、「フールの視点」から願った方が良いと気づきました。

 

<レオン先生>

カデューシャスの杖とランプは、特に#9.The Hermit と結びついているので(水星とランプ)、フールと一緒に#9.The Hermit に関する作業をやる時が来るのかもしれません。

「地面からカデューシャスの杖が出てきた」ので、それが具体的にはどんな内容になるのかは、まだあなたには「来る時が来るまで」隠されています。

 

 

<Mさん>

#0に戻ってきた時に、フールに占星学マーク付きのコインが入った袋を渡されました。コイン袋から1つ取り出すと、海王星のマーク付きのコインでした。フールには、「それはここ最近のテーマ」と言われました。

 

<レオン先生>

今回の視覚化では、ここが一番重要なところです。

それについては、下の項目で述べます。

 

          (Mさん自身の絵より)

 

 

【Mさんの考察より】

・今回は#12でも#1でも蛇とよく話しました。

→何か脱皮する必要があるのかもしれないです。

 

<レオン先生>

脱皮の必要があるのか、脱皮の時期がきていることを伝えているのか?

 

 

<Mさん>

また、「どちらか選べ」=「人の人生は二つに分かれる。人生の決定的な変化へと向かって行く人と、さらなる迷いの迷路へと迷い込んで行く人に分かれる」

freepik.com

 

<レオン先生>

これはすごい気づきだと思います。

これが心の中で迷わず「スッと」出て来るところに、あなたのタロットに向かう真実さが感じられます。

 

 

<Mさん>

「まずはこっちを深く探求していると、そのうち別の所から太陽が出てくる」=「シルバーの太陽」のことかと思いました。

 

<レオン先生>

すると、まずは下の考察にある、「海王星」のコインを渡された意味の追求を、人生の現実の中で調べ、納得するところまで探求することですね(頭からの「光線の三角形」は、完全に納得するところまで明らかにすることを象徴している)。

 

ここで、「隠された海王星」を象徴しているのは巨大な蛇、テーリオンですね。巨大ですから、自分の中のテーリオン、他の人たちの中で働くテーリオン、社会の中で巧妙にいつの間にか滑り込んで近づいて来るテーリオン。これらのすべてです。この働きと巧妙さを徹底的に調べる、学ぶ。この巨大な蛇は、テキストでは「死の蛇」「死の柱」と解説してあるはずですが、これを徹底的に調べ、学ぶとは、どうすればいいのでしょう!

 

現在の仕事をしながらの訓練は大変でしょうが、あなたのこれからの人生はタロットを抜きにはあり得ないでしょうから、大変な中でもこだわって探求する。そうすると本物になると思います。

 

 

<Mさん>

今回の瞑想は#12で海王星。#0で引いたコインも海王星。

→タロットリーディングで、最近は変に考えすぎてしまうことが多いから、もっとインスピレーションを使った方が良いのかもしれないです。

 

<レオン先生>

ここで、上で書かれている、そのうち出て来る「シルバー太陽」とは、「海王星」の太陽であることがわかります。

 

そのうち、海王星が意味することがあなたの人生に生まれて来る(起こって来る)のですが、「別の所から」と言っているので、今とは別の職業にあなたが変わることが暗示されているのでしょう。本当にそうかどうかは、次の「水の国」の視覚化へ進んで、わかるようになるでしょう(海王星は水の国と結びついていますから)。

 

海王星は、「生命の木」ではケテルに対応しますが、同時にそれは水のエレメントや魚座との深い結びつきを表しますから、「今の職業で使っている能力」とは異なる、あなたの能力を使う時がやって来ることを示唆しています。ケテルは、まだ白紙だが、期が熟すると俄然新たに生まれて来ることを表します(※参考に「カップのAce」)。

 

「タロットリーディングで、最近は変に考えすぎてしまうことが多いから、もっとインスピレーションを使った方が」というあなたの自覚についてですが、それについては、あまり気にすることはないと思います。わたしたちの学びは、そのようにジグザグを辿りながら成長していくのではないでしょうか。固定化した形や、真っ直ぐな道は幻想だと思います。

freepik.com

 

まずインスピレーションから入り、そこから考えによってそれを深め、最初のインスピレーションがより確かなものとなります。さらにそれが考えによって広げられ、他の要素との関連も見つけられ、思っても見なかったほど発展していくこともあるはずです。そのようにして、あなたの読み方が、あなたの血となり肉となっていくのではないでしょうか。

 

#12.The Hanged Man の瞑想をして、帰りに#0.The Fool から袋の中から海王星のコインをもらえたり、#1.The Magus ではランプをもらうと地面からカデューシャスの杖が出てきて、「ランプを使う時は、フールと共に使うべし」という声を聞いたり。あなたのタロットを通しての人生の探求にはブレがなく、探求が本物だと感じられます。しかも、それらを「フールの視点」から、と捉えられたことに、今までの学習と訓練が無駄になっていないことを強く感じました。

 

これからの精進を期待します。

 

 

 

★ タロットとマクロコスモスとの関係

 

・#0. The Fool = 宇宙の〈基底〉。

それ自体の中に区別をもちながら、何の矛盾もなくMagus と1体であり、時間もない運動。それが〈基底〉である。それは時間を超えており、不死である。

・#1. The Magus = これは Fool の身体であり、それゆえ、これも〈基底〉である。

基底からの救済と創造力とをどのように引き出すか。どのように表現するか。

・#16. The Tower = 基底のエネルギーによって何をひっくり返すか。

何を改革するか。

・#12. The Hanged Man = ひっくり返された地底から、成熟してくるものは何か。

・#19. The Sun = 新しく生まれるものは何か。

・#20. The Aeon = 銀河から何がわれわれの日常にやってくるか。

 

 

 

*検証:レオン•サリラ

 

 

★お問い合わせは

スタジオ・ディーヴァ・ガイア「タロット王国」

studio_dg@mac.com

 

ツィッター更新中!

https://twitter.com/Tarot_Kingdom

 

 

★魔術師のトートタロット12サイン「5月の運勢」

女 タロット王国の12サイン「魔術師のトート・タロット」で読む「5月の運勢」です。
テーマは「あなたが手放すこと」です。
みなさんのお役に立てますように!


 

【牡羊座】

★あなたが手放すことは「自分一人でどうにかしようとする」こと
長い間、たくさんの責任を引き受け過ぎていませんか?
一人でどうにかしようという考え方は、すでに限界が来ています。
*アドバイス

頑張り過ぎないこと!
手分けできることは周りの人と分担することです。仲間を頼りにしてみましょう。また、何が問題なのかを一緒に考えることで、一人では思いつかなかった解決策が見えてくるでしょう。そうすることで、あなたが持っているバイタリティーが湧き出し、自信がみなぎりプレッシャーから解放されるでしょう。焦らずに楽しむゆとりが大切です。

 

 

 

 

 

 

【牡牛座】

★あなたが手放すことは「自分をいじめる」こと
考えてわからなくなって混乱し、こんな自分はダメだと自分を責めていませんか?
考えれば考えるほどさらに落ち込んでしまいます。
*アドバイス

これ以上考ええないこと!
頭の中ので作り出している私はこんな人間だ、どうせこうなってしまうと思い込んでいる考えを捨てることです。心の奥底にある本心に耳を傾けてみましょう。こうありたいと思っていたことや理想は、本心だったのだろうか。頭から心に意識を向けることで、あなたの中に秘められてきた可能性に気づき、進む方向がはっきりと見えてくるでしょう。ため息に気づいたら、頭を休め深呼吸してみて。

 

 

 

 

 

 

【双子座】

★あなたが手放すことは 「結果を急ぐ」こと
まだ手応えや確信が掴めていない段階で、ここまででいいと結論を出していませんか?
結果を急ぐと中途半端になってしまうかもしれません。

*アドバイス

じっくりと取り組むこと!
ひとつひとつを忍耐強く、丁寧に完全に仕上げていくことが必要です。
作業に十分な時間を取り、楽しみながら取り組むことで、あなたにしかできない結果を導くことが出来るでしょう。この体験で見えてきた課題があれば、曖昧にせず取り組むことで、あなたの土台をより強くしてくれます。他者と喜びを分かち合うことが、発展に繋がるでしょう。

 

 

 

 

 

【蟹座】

★あなたが手放すことは 「物や人への依存」
あの人に嫌われていたらどうしよう、コレがないと生きていけないと思っていることはありませんか?それ以外の心配事も本当に起こっていることなのか、確認してみてください。

*アドバイス

あなたの考えを聞いてくれる人と話をしてみること!
また、本当に必要な物は何かに向き合い整理をしてみましょう。

物も人も距離が近すぎて戸惑うようなら、少し距離を取って冷静になることも必要かもしれません。特定な見方から考えるのではなく、あらゆる観点から客観的に観察をすることで、落ち着きを取り戻すことが出来るでしょう。感情を分かち合える友達に連絡を取ってみては。

 

 

 

 

 

 

【獅子座】

★あなたが手放すことは 「短気と緊張」
物事が思い通りに進まず、イライラしていませんか?
自分自身が変わろうとせずに、押し進めようとするとどこかでひずみが出てしまいます。
*アドバイス

 緊張を緩めること! 
起きている変化に自分を合わせながら、古い見方を変えていきましょう。
心の中に抱き続けていたことを実現させるための協力者を探すことも必要です。
そうすることで、リーダーシップを取り計画を実現出来るでしょう。
心の中の大きなビジョンから目を離さないことが大切です。

 

 

 

 

 

 

【乙女座】

★あなたが手放すことは 「一方的な思い」
シャイな気持ちが強すぎて、相手に対する感情だけが大きくなっていませんか?
自分の中だけで思いを完結させてしまうと、相手に真意が伝わりにくくなります。
*アドバイス

一人ではないと自覚すること!
相手と思いを分かち合い一緒に考えることが必要です。
相手は何を思っているのかを知るために、まずは自分の思いを表現してみましょう。
そうすることで、お互いに信頼できるパートナーとして新しい関係に変化していくでしょう。空気を読みすぎずに、素直な自分を表現してみて。

 

 

 

 

 

 

【天秤座】

★あなたが手放すことは 「引っ込み思案」
周りを立てて、自分は後ろのほうに隠れていませんか?縁の下の力持ちになり続けていると、自分の目的も意志も曖昧になっていくかもしれません。
*アドバイス

表に出ること!
あなたの中には実現したい新しいビジョンがあるはずです。
様々な人との関わりに思い切って飛び込むことで、そのビジョンを実現できるヒントが見つけられるでしょう。内面の変化が、状況の変化へと繋がっていくことを実感出来るチャンスです。よりよい方向へと変わっていくことを信じて進んでみて。

 

 

 

 

 

 

【蠍座】

★あなたが手放すことは 「このままでいいのかという葛藤」
やってみようと思っていながら、後回しにしていることはありませんか?
やってみることで迷惑をかけるのではないか、と躊躇していると時間ばかりが過ぎてしまいます。
*アドバイス

怖くても行動してみること!
行動してみると、 本当にやりたいことや大切にしたいことや人がわかってきて、 心からそうしたいと情熱的になっていくでしょう。そして、このままでいいのか、これでいいのかという葛藤から解放されていくでしょう。まずは始めてみましょう。

 

 

 

 

 

【射手座】

★あなたが手放すことは 「好きなことから目をそらす」こと
好きなことは趣味のままでいいと思っていませんか?
*アドバイス

決断すること!
好きなことに夢中になって取り組むことで、仕事にすることへの新しい可能性が見えてくるでしょう。決断するには勢いではなく、情報を集めよく考えることが大切です。
雲一つない青い空を思い浮かべてください。
その空の向こうであなたの理想が夢で終わらないようにと、太陽があなたの進む道をを照らしてくれています。

 

 

 

 

 

【山羊座】

★あなたが手放すことは 「ルールに沿わないと感情的になる」こと 
自分が決めた通りに物事が進まないと、つい感情的になることがありませんか?
それは特に人間関係の中で起こりやすいようです。

*アドバイス

相手との違いを受け入れること!
ルールを守ろう守ろうと自分を抑えすぎてはいないでしょうか?
年齢や性別にこだわらず、様々な人との関係を広げていくことで、多様な価値観に触れてみましょう。そうすることで、自分の決めたルールから解放され人間関係の深まりを感じられるでしょう。インターネットを使った交流がおすすめです。

 

 

 

 

 

 

【水瓶座】

★あなたが手放すことは 「ひらめいても何もしない」
ひらめいたことを、書きとめもせずに忘れてしまっていることはありませんか?
たくさん浮かぶアイデアの一つに過ぎないと軽く考えていると、なんともったいないことでしょう。
*アドバイス

ひらめきを形にすること!
はっとひらめいたことや気づいたことは、書いておきましょう。
その時は小さいことに感じても、葡萄の粒が集まって大きな房になるように、いつしか大きな実りとなり、自分だけでなくたくさんの人たちに分けることが出来るほどの豊かさとなるでしょう。決断することがあれば、はっきりとした態度で示しましょう。

 

 

 

 

 

 

【魚座】

★あなたが手放すことは 「情熱が持続しない」こと
これだと思っても、意欲や情熱が続かないと感じていませんか?
情熱を持続させなければと考えることが、間違っていることに気づく時が来たようです。
*アドバイス

何があなたを熱中させたのかを考えること!
そもそもあなたはなぜこれだと感じたのでしょうか?
曖昧な答えしか出てこないようなら、潔く出発点に戻りもう一度考えましょう。
これだと感じた答えがはっきりしたのならば、堂々と今考えていることを実行してみましょう。そうすることで力が安定し、現実的な次の一歩を踏み出す原動力となるでしょう。

 

 

 

 


Tarot Reading

タロット王国ファンデーション
制作:YURIA

 

★お問い合わせは

スタジオ・ディーヴァ・ガイア「タロット王国」

studio_dg@mac.com

 

ツィッター更新中!

https://twitter.com/Tarot_Kingdom

 

 

 

 

 

「原宿の母の占いのお店」が再開です。

★ ご案内 ★

 

5月1日から原宿の母の占いのお店を再開します。 
占い師は、「原宿の母・菅野鈴子、エルナ美影、琉右華」の3人でスタートします。

 

ー 営業時間 ー

5月1日〜6日:営業時間 12時〜17時迄

5月7日以降 12時〜18時迄 
月曜日は、お休みします。

 

所在地:渋谷区神宮前4-31-11 COSMO HARAJUKU 501
   (YMスクウェア原宿と和民の間のビルです)

電話番号:03-3470-1734

 

原宿の母までの地図

 

原宿の竹下通りの薬局や、洋服屋の前で、マスクたくさん売ってます。

安いのは50枚入りで二千七百円、、高いのは50枚入りで三千五百円。

ずっと歩いてみてね。たくさん売ってます。

 

原宿の母・菅野鈴子:レオン•サリラのタロット教室出身/タロット王国相談役

 

 

 

 

 

★『レオン・サリラ&もりしたゆかさん』の占いアプリ配信中!

*つい先日までに知らなかったのですが・・・タロット王国の『レオン先生&もりしたゆかさん』のスマホの占いアプリがリリースされていました・・・知らなかった。

 

今回、タロット王国2つの占いアプリをご紹介します。

 

★レオン・サリラ「魔術師のトートタロット」4月24日 NEW!

Ameba 占い館 SATORI

https://amb-uranai.ameba.jp/menu/34839

 

 

★吉祥寺ヌイト「もりしたゆかさん」の占いアプリ配信中!

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.rensa.morishita.fortune

 

*吉祥寺「ヌイト」はこちらから

http://www.tarot-nuit.com

 

 

★お問い合わせは

スタジオ・ディーヴァ・ガイア「タロット王国」

studio_dg@mac.com

 

ツィッター更新中!

https://twitter.com/Tarot_Kingdom

 

 

 

 

★Calling All Angels

★前回、レオン先生の講義『魔術師のトート・タロット』#0 The Foolフールの解説の中で『コーリング』の話が出てきました。

一瞬にして、あの歌が蘇ってきました。

 

 

 

 

*ヴィム・ヴェンダースの映画Until the End of the World(夢の涯てまでも)の中にある1曲。

Calling All Angels

https://www.youtube.com/watch?v=HkQ8S5F4PHM

 

レオン・サリラと共に歩きはじめた時にいつも聞いていた曲でした。

何も見えない暗闇の道を Angel(タロットの霊)だけが、祝福の光で道を照らしてくれた・・・・私に「大丈夫だよ。」と呼びかけてくれたように感じていた日々。

もう一度、あの時の決心が蘇るか・・・・。

 

 

 

摩風ゆみ

 

 

 

★魔術師のタロット:「#0. The Fool フール」レオン先生講義 Part1

 (#0. The Fool フール)

 

 この「魔術師のタロット」では、この0番ですね、そしてまた1番。これらが特別な、全体を統括するカードということになります。伝統に倣ってるカードではありますが、ここでは絶えず人物像が、エネルギーを持ち、われわれと対話する、われわれと交流する。そして、私たちはこの0番という存在と付き合えば付き合うほど、お互いにエネルギーが浸透し、莫大なこの世界とは違う大宇宙、あるいは異世、いわゆるアザーワールドですね。その異なる世界からのエネルギーがわれわれに流れ込んでくる、流入してくるということです。これは、ご自分で体験していただければわかる通り、ご自分でも仲のいい友人とか信頼できる人間関係ができれば、その人を通して大きなエネルギーが流れ込んできますね。こんな人と知り合ったからこんな気持ちになれたとか、こう考えればいいんだとか、私もやってみようかなという気持ちになれたとか。そういうことが、やっぱり本ですとか、テレビとか、あるいはインターネットとかという例もありますが、直接会った人物から受ける影響は、それらよりもはるかに大きいだろうと思います。

 

 それはやっぱり、私たちは生きているからですね。私たちはロボットでもなければ、生きているからこそ、生きることは刺激を与え合って、そして発展していく、伸びていく。いい友達ができるとか、いい人物に出会うとか、それをきっかけにして、そうだ卓球の選手になろうとか、ああこんなことで満足していてはいけないとか。そういうインスパイアされるとか、気持ち、心、エネルギーを受け取る。そしてフールは「霊」ということですね。宇宙全体と関わります。というよりも、フールは宇宙全体を創造した、つくった当事者ですね。そして、それをこの世界の中にやってきて働く姿がメイガスです。したがってメイガスは、占星学では水星に対応するということになります。水星というのは、太陽(大宇宙と切っても切れない関係にある自分自身)の莫大な能力を具体的な必要性に適応させる。そしてコミュニケーションや知性、情報や知識や、そして関係をつくることによってさらに発展させることです。

 

(#1. The Magus 使徒)

 

 そもそもコミュニケーション自体は、関係があるのでコミュニケーションが可能になる訳です。これからだんだん学んでいく中で自覚してもらいたい、発見してもらいたいのですが、私たちは自分では常日頃はそう思っていないのですが、私たちが存在することを「関係内存在」と言います。関係があるので私たちは存在する。これからたびたび何度も出てくると思いますので、「関係内存在」という言葉を覚えてください。関係のほうが優先する。個人ではない。関係があるので生きられるということです。私たち自身がすでにそうでした。父親と母親の関係がなければ自分という存在がないのですが、どっかで忘れてますね。誰々の子であるとか、山田家であるとか。よくよく真実の姿を見れば、私たちの存在は関係内の存在であるということです。もちろん事件的に捉えると、ある事件によってひょっとしたことから生まれるというのがあるのかもわかりませんが、正常のスタイルで考えれば、父親と母親に愛情がある、信頼関係があり、関係があったので生まれてきます。アクシデントや事件や襲われるというようなことがなければ、通常はそういうスタイルですね。したがって事件が多くなれば当然関係内も壊れていく、社会も壊れていく、全体が壊れていくってことになりますが、ちゃんとした関係があれば子供も育つ、教育もうまく進展していく、社会も正常に発展していく。理屈抜きに「そんなことはやめようね」ってことが通用するんですが、関係内存在が壊れていくと、「なぜそれをやめるんですか?」とか、反抗したり突っかかってきたり、関係が壊れているからですね。見失うことになりますね。そのことをよく理解してください。

 

 したがって別の言い方をすれば、人間は「関係内存在」であるということです。宇宙の関係によって生まれたのであって、人間がぽつんと生まれていない。関係がなければ人間も存在しない。つまりあなたや私だけじゃなくて、人類自体が存在しないということですね。これは大宇宙を考えていただいてもわかります。地球は存在します。地球は存在していますが、地球なんて単体は存在しません。太陽系があるので存在してますが、太陽系がなければどっかで衝突してるか爆発してるか、ただただどっかに飛び続けるか流れるか、無の暗黒へ消滅する。例えば亀は、およそ1万匹生まれますが、そのうち9,999匹は無の暗黒へ消滅していく。生まれはしたが、関係が築けないからですね。軌道、生きるべき道(パス)を持たない。軌道があるので、地球も存在し、木星も存在し、ただ好き勝手に空間を飛んでいません。まあそれがひとつの例えですね。イコールではありませんが、地球や火星や月に意識があるとは思えないのでイコールではありませんが、ひとつの原子を含めた宇宙的なエネルギーの働きが存在するという意味では、類似している。無関係ではないということですね。まあそういうことからも占星学、占星術のようなことも成り立ってくる訳です。占星術イコール人間ではありませんが、馬鹿にはできない、無視はできないこともあるということですね。

 

(関係内存在:ジルタロット)

 

 この「関係」という問題ですね。この関係という問題を、私たちのはるか前から探求した人々がいて、そしてそれは神話という形でこの世界をつくり、民族をつくり、やがて国家をつくりという形で私たちは発展してきている訳です。現在の姿がある訳です。したがって原点まで遡ろうとする時、私たちは神話まで遡るという作業を通して、人間っていったい何なのか、自分っていったい何なのか、本当の生きるって何なのかということに近づこうとする訳です。神話に根掘り葉掘り詳しくなるとか、別に神話学者になる訳ではありませんが、いかに生きるべきかという原点ですね。ルーツですね。そこを神話と自分をぶつけることを通して根源から発見しようとしている訳です。私たちはそういう作業から始める。したがっていろんなタロットカードはあるんですが、神話の原理を取り入れたトートのタロットカード、それを私たちは教材として使う訳です。よろしいでしょうか。

 

 「関係内存在」ということ、関係があるので自分が存在する。したがって私たちもまた関係をつくらなければ生きているとは言えません。一人ぼっちで山の中とか、ずっと一生部屋に閉じこもるとか、監獄で暮らすとか、それでは生きるとは言えない。死んでるとは言わないけど、いわゆる私たちは人間として充実し、人間的なエネルギーを使い、自分という生命を納得できるほどに開き、確かにこの世界に寄与している、役に立ったと実感できる。ひとりでいるだけでは、この創造運動、創造活動の一端を担ったとは言えないと思いますね。生存したってだけですが、生きることはやはり創造することですね。創造すると私たちは充実します。ちっちゃい時ですらも、お父さんかお母さんの役に立ってみんなが喜んでくれると充実します。あー、買い物してきてあげれて良かったとか、今日なんかおじやを作ってあげただけでも良かったとか、充実感を感じる訳ですね。そのことを「創造的」と言います。ちっちゃい時と違って、単なるお手伝いだけではありませんので、人生全体をひっくるめると創造的ですね。一番具体的には、この創造活動とは当然仕事のことです。仕事に関わってくる訳ですが、「創造としての仕事」です。つまり衣食住、家賃を払うための仕事、今日めしを食うための仕事って意味ではなくて、この世界に何らかの関わりをもって、自分のエネルギーを使い、生きがいを見出す、役に立った私はこの世界を支えてる、この世界の一翼を担ってるという充実感ですね。それをキャリア、天職とかですね、使命とか、そういう言い方をします。人は結婚しなくても生きていけますが、キャリアがないと生きていけません。

 

 そしてもうひとつは、「コ―リング」という問題があります。自分は卓球やるために「呼ばれている」と自覚するところまで行くと、卓球に一生捧げられる。自分は野球に、自分は絵を描くことに、自分は役者として、自分は専業主婦として、自分はこういう知的障害者たちを育てる保母としてとかですね、「呼ばれているんだ」と自覚するところまで追求していく。そうすることによって、初めてキャリアは自分自身になります。自分自身の外側、ほんとに自分が外に現れた、自分の肉体と同じですね。私の考えていること、私の求めていること、私の努力がキャリアに現れる。キャリアがないと自分というものが現れようがない。せいぜい日記を書くぐらいなもの。ブログとかTwitterを書くぐらいのことですが、まあ、そこではあんまり自分が真剣に見えません。Twitterって別に創造活動じゃないですね。今日の美味しいごはん、こんな素敵でしょとかね、写真撮っただけですから。あ〜、写真撮るだけで一生終わるのかな、まあそこまではあんまり考えないでしょうが、面白いからやってるだけですから、人生にはなりません。そのうち飽きます。みんな飽きます。でしょ。

 いまTwitter、いま何とか、たぶん数年経つと飽きます。その前はブログでした。その前は掲示板でした。その前は単にサイトを起こす。みんな飽きちゃったので、次またブログだね、別にまたTwitterだね、次にまたyoutuberだね、そのうちそれもまた飽きちゃいますね、しばらくすると。今はまだ飽きないだけですが。これが自分の生きる活動だなんてあんまり思わないですね。ソニーがどんなに立派な会社だって、ソニーに命懸けないですね、創業者でもあるまいし、命懸けちゃダメですからね。仕事終わったらさっさと帰って自分の一番充実する仕事、楽しいって思うことをやる。それじゃなきゃダメですね。私生活をなげうっても東芝のためにって、なにも別に誰も有り難がってませんね。よろしいでしょうか。

 

 「関係内存在」をつくる、ということですね。ただし関係内存在には、当然、向かっていく方向、目的がなければなりません。目標ではありませんが、目標というのは年収が3000万になるぞとか、金メダルとるぞとか、それが目標ということですが。目的はこんな演劇をやりたいとか、こんなことを演劇を通して表現したいとか、ただ作品をつくるんじゃなくてこういう作品をつくりたいとか、それが目的ですから。中身ですね。(「目的」は自分自身ですね。目標は他の人でも達成できる。)

 目的があっての関係内存在です。目的があっての関係内存在なので、目的がないと、父親と母親はひょっとすると子供をいじめるかもわからないし、父親と母親は別れていくかもわからないし、場合によっては殺し合いするかもわからないし。中身がないと関係内存在ではない。関係内存在とは、あ〜、誰かと付き合ったとか、結婚したから関係内存在とかですね、そんなことを言ってる訳ではありません。社会にはこんなに関係がありますが、それらは別に関係内存在ではありません。市役所行って色々相談しても「そこまでは市役所の仕事ではありませんよ」とか、警察行くと「それは私のやることじゃないのでそこまではできませんよ」とか、ガードマンが「一日中あなたの警護をできませんよ」とか、そうなりますね。関係内存在じゃない。全面的には関わっていません。生きることを全面的に共生して新しいものを生み出すことを、「関係内存在」と言うんです。人生のあの部分この部分ではありません。だから別の言い方では、結婚とか絶対的結合とか絶対的結婚とかっていう言い方をしますが。まあ「結婚」っていう言葉を宇宙論としてよく使いますので、人間の結婚という風に勘違いしないようにしてくださいね。

 

(Princess of Wands & Princess of Cups)

 

 タロットはこの世界をプリンセスとして捉えますが、それは宇宙と結婚するために、まだ未熟なのでプリンセスなんですね。まだ少女なんですね。やがて成長すると宇宙と結婚する。そしてやがてクイーンになっていく。まあまだメジャーの一番最初ですから、マイナーカードに行ってませんから。マイナーカードにはプリンセスというカードがありますが、プリンセスは「この世」ですね。この世はプリンセスである。プリンセスのカードというのは、どれもみんな揺らいでいる。「情欲」に揺らいでいるんですね。この世の本質は情欲だからです。したがって、まだ私たちは学んで成長しなければならない訳です。成長あるいは成熟する訳ですね。情欲に囚われた薄っぺらな人生を、はぎ取る成長をしなければならない訳です。情欲を完全に脱ぎ去ると、それが「成熟」です。秘儀参入者(求道者)はタロットを通してその訓練をする。そういう風に捉えながら人生を考えていくと、今までとはちょっと違った角度からものを見始める、ものを考え始める。そうするとこのフール、タロットの霊と言われるこの存在ですね、これに近づいてくってことになります。

 

 フールは「タロットの霊」とも言います。フールというのは、これはカモフラージュです。運命学というのは考え、そしてそれを訓練して身に着けるものなので、運命学というのは神秘学ですね、だから、あんまりそれは覚えないようにするんです。覚えられたものは死んだ概念です。フールというのは「霊」で、これは実は『Full』ですね。完全性とか十全性。フルバージョンとかのフルですね。完全性とか十全性とか、十分でもいいですけどね。まったく欠けたところのない存在。そこからくる言葉ですが、「馬鹿ですね」ってことですね。この世の人間から見れば、それは馬鹿ですねってことですね。キリストなんてのは乞食みたいなもんですね。仏陀もだいたいホームレスみたいなもんですね。だいたいこの世から見ればそんな存在なのですが、じゃ彼らは困ってたのか。別に困ってはいなかった訳ですが、この世の人たちから見れば、別に肩書つけた訳でもなんでもない。なんだ道路っぱたの人か、ぐらいのことですね。まあそれはともかくとして、そういうフルっていう言葉のカモフラージュなんだということですね。フルを覚えたので、あ〜俺はもう完全だぞ、十分だぞ。人は覚えちゃうとそうなりがちになりますが、そうではない。野球を覚えるとすぐホームラン打てそうになりますが、いざバッターボックスに立ってみると「うわー、速くて球が見えなかった」とかね。覚えただけでは話にならない。まあそういう意味で、生きるというのはスポーツに似ていて大変です。絶えず訓練する、練習する。

 

 全体的な訓練をすれば、スポーツの選手も素晴らしく生きられるとは思いますが、まあスポーツは人生の中では部分的なものですね。つまり卓球だとか、スケートがとか、そういう限られたものの練習ですから、部分的な訓練ですから。そういう意味では、それを通して生きるってことのヒントを掴む人もいたりはするんですが、逆に転落する人もいる訳ですね。薬物にはまる人もいるし。選手としては立派だったけど、記録は残ってるけど、あんなになっちゃったということもある訳ですね。

 

(聖杯のタロット:タロットの霊)

 

 はい、フールですね。したがって「完全性」です。このカード、完全な存在を表す、完全な領域にいる、そのくらいにまず、考え方として考えといていただくといいと思います。したがってそこにキーワードとして、「いつでもどんな困難にも必ず救いの力をもたらす」、これはわかりますね。フールは完全な存在なので、いつであろうと、どんな時であろうと、必ずやってくる。見放すことはない、落ちこぼれることはない、フールがいないってことはない。もちろん関係をつくっていっての話です。何度も言ってる通り「関係内存在」ですから、フールと関係もないのに助けてくれる、知りもしないのに助けはしませんからね。知り合いなのでほっとけませんということになるんです。タロットとの関係を作ることを通して(それはフールとの関係を作ることですが、わたしたちは視覚化ワークによってそれを実現します)、それがまず私たちがタロットを学ぶ一番大きい目的です。宇宙そのものと結びつくことによって、その関係内から生じた自分の目的を実現していく。自分の目的を通して、この世界を創造する、つくりあげていくっていう一端を担っていくということですね。それが私たちがタロットを学ぶ目的です。そのなかに、占いという一分野もある訳です。占うことによって悩んでいる人、迷っている人、行き詰まっている人の手助けをするってこともある訳ですが、占いが別に最終目的ではありません。その中の一部分です。それ以外にもっと大きな、たくさんのタロットを通して考えること、やるべきこと、使えることがあるのです。ここまで、概要よろしいでしょうか。

 

 

タロット王国

筆記:森下由香

 

 

 

 

★レオン・サリラ「学習者からの質問に応える」(5)

【第11期、第9期】

 

◆M.A.さん
・さまざまな人がサイトをご覧になると思いますので、これからのトートタロットの可能性や役割について

 

 

レオン•サリラより;

 今から70年以上前にできたトートタロットに、特に可能性があるとはわたしには思えませんが、それを「魔術師の神殿体系」の中で捉え直すと、大きな新しい意味を帯びて来ると思っているわけです。それが、わたしが出した『「新体系」魔術師のトートタロット」の本の意味と価値だと思います。

 

 それは、ここでは簡単に詳述できませんが、現代の人々が考える生き方や価値観の限界を突破できると確信するからです。その全体像の概略が、「第3アイオーン」の創造という、2000年周期にわたる人間の生き方の歴史的変化に関わるものであることは、既にトートタロットの製作者たち(フリーダ・ハリスと、クロウリーとその弟子たち)にも自覚されていました。

 

 そのことが、トートタロットと並ぶもう1つの偉大なタロットカード、ライダー版と合わせて、トートが人類の次の時代を創造する決定的な引き金になる理由です。おびただしいライダー版の解説書の中で、ライダー版を解明できた人間は、イギリスのジョン・マシューズだけだとわたしは思っています。それは、ライダー版を使ってアーサー・エドワード・ウェイトが志向したことは、これを学び訓練すれば、「現代における聖杯探求」が実現できると考えていたことに、マシューズの解明が合っているということです。

 

 ライダー版の作者、ウェイトの方向にしたがって研究されたライダー版の研究書、解説書は全くありませんでしたが、近年、イギリスのジョン・マシューズがそれを実現しました。その成果が、彼が製作した「聖杯のタロット」です。したがって、私たちが学んでいるタロットは、「魔術師のトートタロット」だけではなく、ジョン・マシューズの「聖杯のタロット」も講座として取り上げているわけです。「聖杯のタロット」は、ライダー版を一歩前進させた、その次のライダー版だと考えています。

 

 アーサー・E・ウェイトはカトリック教徒でした。しかし彼はカトリック的な考えと生き方に限界を感じ、その先を求めたのがゴールデンドーン魔術への接近です。しかし、彼はそこにもカトリックとの根本的な相違を感じることができず、脱ゴールデンドーンの道をたどります。それは、各種新カバラ団体は相変わらず教義や儀式を繰り返すだけで、形を変えたカトリックと大差なかったからです。

 

 ライダー版が求めた脱宗教を実現し、かつその脱宗教とは神に従って生きるのでもなければ、神なし、あるいは神に反抗して生きるのでもなく、神と人間とが共同で働き、かつてない新たな宇宙を創造する時代の到来であることを、「魔術師のトートタロット」を訓練することによって明らかにし、実現していけるようになります。

 

質問者:

・未来に向けて、私たちがあるべき姿を

 

 

レオン•サリラより;

「あるべき姿」という考え方に注意しましょう。「あるべき」という外側に関心を向けさせるのは、政治的であり、権力的であり、ビジネスであり、お金であり、結果です。そうではなく、内側に目を向けることを学びます。「内側にこんなことが生まれているが、それをどう具体化しましょうか」というのが、外側を、そしてどのようにしたらいいかを分かち合うことになります。

 

 考えていくポイントは、わたしたちが今起こっているこの状況を正しく受け止めると、何がわたしたちの魂の中から生まれてくるでしょうか、です。ギリシア人が言ったプシュケー(死すべき肉体の人間)を突き抜けて、ゾーエー(霊的存在、永遠の生命)を見出せる可能性があります。そのゾーエーから次の人生を始められれば、今までの何十年かの先の見えなかった人生の旅も、その紆余曲折が無駄ではなかったことにならないでしょうか。

 

 未来に向かってやるべきことは、「内側に変化が起こった人間」をこの世の中に輩出していくことです。そうすれば、その変容した人間が、その置かれたジャンルの中で、「変容の中から」他の人たちにやれそうもない必要なことを実現していくことでしょう。

 

 

 

◆N.A.さん

・魔術師のタロットとは何か?

 

 

レオン•サリラより;

 これは、著書の中でも、講座の中でもずっと取り上げて語ってきました。「それを学んだ結果、わたしは今、このように考えていますが、どうなのでしょう?」という風に問わなければなりません。このままの問いでは、お答えしようがありません。

 

 1つの手がかりとして、魔術師に対する定義を、わたしは「人生をタロットの霊と共に歩み、宇宙の基底から隠された能力を引き出し、世界の考え方、生き方をひっくり返す者」としてきました。

 そしてタロットに対する定義は、「生命の書」、「生きる」という人間の扉を開く書、としてきました。それから、著書「魔術師のトートタロット」p.89上段を参考に、自分の考えをまとめてください。

 

質問者:

・魔術師のタロットとタロット占いの違い? (魔術と占いの違い)

 

 

レオン•サリラより;

 魔術師のタロットについては、上段で述べました。魔術の力によって「世界精神を覆す者」です。まさに「#12.The Hanged Man」です、それまでのオシリスという公認された考えや生き方を覆すのです。その意味は、既成の価値観は「仮象」だからです。これも著書で取り上げておいた通りです。

 

 タロット占いはそれに携わる人々によって、考えはまちまちですから、その人次第になりますが、少なくとも、今までのどのような占いにも、「世界精神を覆す」という考え方はありません。わたしが見てきた限りでは、占いはクライアントのエゴを実現したいか、都合の良い後押しをするだけです。その全否定ではなく、魔術師のタロットはそれとは全く別次元を示す場合があるということです。

 

質問者:

・カード#16と#12について。

 

 

レオン•サリラより;

 この問いかけも、このままではお答えしようがありません。それは講座でも著書でも取り上げてきた通りです。今まで学習してきて、それらのカードの「どこが」わからないのか、どこが今までふに落ちてこないのかを述べてください。ただそれらのカードがどいう意味かということでは、著書のp.188〜p.199でも述べた通りですし、あんなに長いのです。

 1つのヒントは、「浄化」と「根源から覆す」という言葉が、その2枚のカードに対するキーワードになります。

 

 

 

 

 

 

 

★アースデイ2020初「無料オンラインLIVEタロット体験」のご参加ありがとうございました。

 

★タロット王国 初!

『無料オンラインLIVEタロット体験!』終了。

タロット体験に参加して頂いたみなさん。ありがとうございました。

今回、タロットが出来なかった方も多数ありましたが、今後さらにパワーアップして開催して行きたいと思います。

 

https://m.youtube.com/watch?v=NuT9mltW-fQ&feature=youtu.be&t=23301

 

 

 

★タロット王国からのメッセージ

 

https://m.youtube.com/watch?feature=youtu.be&v=REXRti9RtT0

 

 

★お問い合わせは

スタジオ・ディーヴァ・ガイア「タロット王国」

studio_dg@mac.com

 

ツィッター更新中!

https://twitter.com/Tarot_Kingdom

 

 

 

 

▲top